JTB, HIS, KNT, NTR, 阪急交通 大手旅行会社のヨーロッパツアー情報、詳細比較、クチコミ情報。最新情報をネットから収集しています。


ヨーロッパ旅行情報|プロが集めたヨーロッパツアー比較情報




イタリア・ドロミテ山塊

 
Google Map

当ヨーロッパ旅行選科では、各ブログの写真をクリックするとGoogleMap を表示することができます。
世界遺産などもピンポイントで空から見ることが出来ます。
地図をクリックしてドラッグすれば、瞬時に、隣接領域に移動することができます。
また衛星写真や航空写真で表示することもできます。
[デュアル] モードでは、生の航空写真と主要道路地図を同時に表示できます。
空からの世界遺産の眺めをゆっくり楽しんでください。
もう気分はヨーロッパ旅行者です♪

Google
Web
euro.navi-club.jp
PROFILE
Add to Google
My Yahoo!に追加

 

映画【ダ・ヴィンチ・コード】番外編

ヨーロッパ旅行とは直接関係ありませんが、ダ・ヴィンチーコードの映画を見た友人から、面白いウンチクの話しを聞きましたのでご披露します。

映画【ダヴィンチ・コード】の2つのキーワード

映画ダ・ヴィンチ・コードでは、2箇所で数学、物理に関するキーワードが現れていました。それを知ってると、ダ・ヴィンチ・コードの謎解きがより鮮明になりますよ。

1.フィボナッチ数列

最初のキーワードはフィボナッチ数列
貸金庫の暗証番号を入力する緊張した場面で、10桁の番号入力が指示された。
教授はメモの数字をフィボナッチの数列に置き換えて見事成功。
フィボナッチの数列とは、中世(13世紀)のイタリアの数学者が提唱した数列。
10桁の番号は、1、1、2、3、5、8、13、21の10個ではないでしょうか?
この数列の約束は、3番目以降は前にある2つの数字の和をとって並べてあるというもの。
3=2+1、5=3+2など。
もともとは動物の増殖問題を扱うものであったが、この数列には不思議なからくりがあります。
順番にならんでいる3つの数、例えば2,3,5を取り出して、両端の数の積から中央の数の2乗を引きます。この場合ですと、
 2×5−3の2乗=1
 3,5,8ですと3×8−5の2乗=−1
 5,8,13ですと1
 順番に計算すると、+1と−1が交互にでてきます。

ギリシャ時代の黄金分割の比は、2分のルート5−1、で小数に直すと0.618034が近似値として求められます。
このゴールデンナンバーとフィボナッチの数列と不思議な関係があります。数列の隣り合う2つの数の比をとってみると
 1分の1=1          2分の1=0.5
 2分の3=0.666667   5分の3=0.6
 8分の5=0.625      13分の8=0.615385

左右から段々にゴールデンナンバー0.618034に近づいていきます。

2.Apple

もう一つは映画のクライマクスに近く、ニュートンの墓の前で、モラトリアムをあけるキーワードがApple
そこに隠されたことばがクライマックスの舞台、エディンバラ南のロスリン教会となる。
勿論Appleは、物理学者ニュートンが故郷ウールスソープの実家でリンゴが木から落ちるのをみて、万有引力を発見したとの故事による。
アイザック・ニュートンの生まれた年、1642年12月25日は、教会に反して地動説を唱えたガリレオが亡くなった年でもある。
映画との関係で大切なのは、ニュートンは、『イエスは神の子でない』と主張する一派のユニテリアンであったことである。
ロンドンにおけるニュートンゆかりの地は、

映画【ダ・ヴィンチ・コード】公開記念 マグダラのマリアを巡る旅(3)

映画【ダ・ヴィンチ・コード】は、キリストについての史実をある程度知っておかないとまるでチンプンカンプン。
要所要所に、単なる映像効果ではなく、謎解きの布石として【マグタラのマリア】の絵が登場する。
  【赤いバラ】と【マグダラのマリアの絵】と【ヒロインのソフィー】
の関係がわかってくると、少し謎が解けるかもしれません。

当メルマガの【マグダラのマリア】を巡る旅は、ヨーロッパを南下してイタリア、スペインにご案内します。

スペイン/マドリッド プラド美術館

シャルル・ド・ゴール空港からスペインのマドリッドバラハス空港まで約2時間のフライト。
空港から市内まで(約13km)へはバスターミナル1〜3は200番、ターミナル4は202番で市内中心のアベニダ・デ・アメリカのバスターミナルまで移動。
ホテルは、マドリッド市の中心スペイン広場に面したプラザホテル(Plaza de Espana Aparthotel Madrid)

広場から伸びる通りは繁華街グランビア。
朝広場を散歩していると置き引きが多いので注意。

マドリッド到着後は、ベラスケスやゴヤで有名なプラド美術館へ【マグダラのマリア】を観に行きましょう。

イタリア/フィレンツエ(フローレンス)
サン・マルコ修道院 ピッティー美術館 ウフィッチ美術館

【マグダラのマリア】を巡る旅の最後の訪問国は、イタリア。
まず花の都フィレンツエを訪れます。空港から市内までリムジンバスで20分程度。
フィレンツエの【マグダラのマリア】は、
サン・マルコ修道院 の壁画のフラ・アンジェリコ作「我に触れるな」
プラド美術館で見た情念ほとばしるコレッジョの作品に比べて、復活したキリストとマグダラのマリアの喜びが感じられると思います。
イエスが鍬を担いでいるのは、マリアが最初イエスを園の番人と思った、とヨハネによる福音書に書かれているためです。

ピッティー美術館ティツイアーノ作「懺悔する聖マグダラのマリア」
ボッテイチェッリの「ヴィーナスの誕生」で有名なウフィッチ美術館 の、ルカ・シニョレッリ作 「マグダレーナとキリスト磔刑」 と「マグダレーナとキリスト十字架」が見所です。

ホテルはアルノ川に面した最高級の一つ エクセルシオール

ローマ バチカン美術館

フィレンツエからユーロスターで1時間30分でこの旅行の終わりローマ テルミネ駅に到着。
バチカン美術館で カラヴァッジョ作「キリストの十字架降架」の中のマグダラのマリア
ローマの都市計画でポポロ(人民)広場から伸びる3本の道路のひとつ、コルソ大通り(Via DelCorsa)の左側を歩くと、すぐ ドーリア・パンフィーリ宮殿・美術館
建物の終わりのコルソ大通りを左にまがりコッレジオ・ロマーノ広場が入口です。
バチカン美術館には、光と影の画家、カラヴァッジョの「懺悔するマグダラのマリア」が展示。
傍には、【マグダラのマリア】ゆかりの サンタ・マリア・マッダレーナ教会がある。

ホテルはベネット通りにあるヨーロッパ調の最高級ホテルの エクセルシオール

これでマグダラのマリアを巡る旅は終了。
これでも足りない人のために、
絵が直接欲しくなった方は、
ルーブル美術館が認めた品質“プリハード世界の名画” をご覧ください。

所蔵美術館の正式ライセンスと特許技術でキャンバスに再現した「本物の複製画=プリハードヘリオトワル」があります。
あなたのお気に入りの一枚を見つけてみませんか?

【マグダラのマリア】の詳細を知りたい方は → マグダラのマリアを訪ねて

映画【ダ・ヴィンチ・コード】公開記念 マグダラのマリアを巡る旅(2)

★映画【ダ・ヴィンチ・コード】は、キリストの史実を知らないと、チンプンカンプンの単なるアクション推理映画にしかなりません。
「つまらない映画だ」と言う人は、ほとんどが【キリストの史実とダ・ヴィンチを中心とする宗教絵画】を知らない人たちです。

そこで、【ダ・ヴィンチ・コード】の多少のネタバレですが、
映画の中で象徴的に登場し、後半の重要な謎解きに通じる【マグダラのマリア】の絵を紹介しましょう。
    ◆イエスに寄り添うようにしているマグダラのマリア
    ◆嫁・姑ふうな感じの聖母マリアとマグダラのマリア

そして、象徴的ないくつかの【バラ】に関係するシーンも重要で、
    バラ(ROSE) ⇒ マグダラ ⇒ ソフィー
を辿る謎解きが、この映画のキーワードになっています。
    ◆幼い頃のソフィーが、バラの花園を走るシーン
    ◆ロスリン礼拝堂に置かれた、一輪のバラ
    ◆サン・シュルピス教会のローズライン
これらが、いずれも「マグタラのマリア」の秘密に通じていきます。
それでは、【マグダラのマリア】を巡るヨーロッパの旅をご案内しましょう。

【オランダ国立美術館(Rijks Museum)】

まずは、レンブラントの「夜警」 で有名なオランダ国立美術館
ここには、気位の高いすました感じの、改宗前(娼婦?)のマグダラのマリアが展示されています。
 ★クリヴェリ作「マグダラのマリア」
 ★ヤン・ファン・スコレル作「マグダラのマリア」
故に、オランダは 『性が開放的?』

ホテルは5つの運河が交差する場所にあり、オランダらしい雰囲気が味わえる 高級ホテル メリディアン・アポロホテル に宿泊しましょう。

【デン・ハーグのマウリッツ・ハイス美術館】

デン・ハーグのマウリッツ・ハイス美術館 へは、アムステルダムから列車で約1時間。
フェルメールの「青いターバンの少女」で有名。ここでは
ヴェイデン作「哀悼」 の中の【マグダラのマリア】に注目。
左に紅いマントをまとい、香油壷をもったマグダラのマリアの特徴が一目瞭然。

【ベルギー/アントワープのノートル・ダム寺院】

オランダのデンハーグより列車を乗りついでベルギーのアントワープへ。
駅より徒歩20分のノートル・ダム寺院、ネロ少年も見たい願った ルーベンス作「キリスト降架」 が必見。
十字架から降ろされたイエスとしがみつくマグダラのマリアに注目。

ホテルはアントワープで最もにぎやかなフルーン広場に面した ヒルトンホテル がおすすめ。
ノートル・ダム寺院や市役所も徒歩2分。
周りあるレストランに寄って、ベルギービールとムール貝の料理を満喫。

【パリ マドレーヌ教会からルーブル美術館へ】

アントワープの次はパリへ。
国際特急列車タリス(Talys)に乗って約1時間半でパリ北駅に到着。
到着前に右手前方の丘に白亜の サクレクール寺院 が見えてきます。
最初の訪問地はマグダラのマリアを祈る 「マドレーヌ教会」。
ギリシャ神殿のような白い建物で正面ファザードには最後の審判のレリーフ。
到着した北駅からは、地下鉄4号線で3つ目のストラスブルグ駅へ。
そこで8号線Balard行きに乗り、5つ目のMadeleineで下車。

「モナ・リザ」のあるルーブル美術館へは、30分の散歩道。
【マグダラのマリア】らしき絵は、
前号のマグダラのマリアの特徴を思い出して、誰がマグダラのマリアか推理してください。
それがわかるあなたは、きっと【ダ・ヴィンチ・コード】の謎も解けるでしょう。
ホテルはサンラザール駅にある コンコルド・サン・ラザール
ロビーが広く豪華な純ヨーロッパ調の高級ホテルが大変いい雰囲気です。
ホテルの前には生かきを食べさせるレストランも軒をならべています。

映画【ダ・ヴィンチ・コード】は、このルーブル美術館でラストシーンが演じられますが、ここでは、さらに南下して、【マグダラのマリア】を巡る旅を続けましょう。
以降、次号をまたお楽しみに。

【ヨーロッパの絵】が直接欲しくなった方は、
ルーブル美術館が認めた品質“プリハード世界の名画” をご覧ください。
所蔵美術館の正式ライセンスと特許技術でキャンバスに再現した「本物の複製画=プリハードヘリオトワル」があります。
あなたのお気に入りの一枚を見つけてみませんか?

【マグダラのマリア】の詳細を知りたい方は → マグダラのマリアを訪ねて

映画【ダ・ヴィンチ・コード】公開記念 マグダラのマリアを巡る旅

映画【ダ・ヴィンチ・コード】

閉館後のルーブル美術館で館長が殺される。
ダ・ヴィンチの有名な「ウィトルウィウス的人体図」を模して横たわる館長。死体の周りに残された、不可解な暗号。
暗号にその名前が出てきたことから、犯人扱いにされ、 事件に関わることになった米国の宗教学者(トム・ハンクス)と、 館長の孫にあたるフランス人女性(オドレイ・トトゥ)が、 彼のメッセージを読み解くうちに、キリスト教をめぐる歴史的な陰謀に巻き込まれていく…という物語。

すべては、ダ・ヴィンチの絵に隠された、キリストにまつわる謎解きの話し。
映画は、暗号解読を阻止しようとする謎の組織(シオン修道会)との戦いに、警察が絡む。。
舞台はパリからロンドン、そしてスコットランドへ。
ヨーロッパを横断し辿り着いたその秘密の先は、事件の起きたルーブルにあった。。
犯人と疑われる宗教学者と館長の孫娘のハラハラの逃亡劇、
捕らわれそうになりながらも寸でのところで助かるアクションシーン。

しかし、映画の本筋は、キリスト教をめぐる歴史的な陰謀がテーマなので、 その史実を知らないと全く面白くない。
原作を読んでいない人には、チンプンカンプンで、ラストのシーンだけが印象に残る、ただの理解不能な欲求不満作品になる可能性が大きい。

この謎解きを知るキーワードは、
  イエス・キリスト、マグダラのマリア、聖杯、聖なる血脈、レオナルド・ダ・ヴィンチ・・・。

マグダラのマリア

『ダ・ヴィンチ・コード』によれば、マグダラのマリアはイエスと結婚し、 子供をもうけていたことになっている。
そしてイエスの血脈が今もフランスに存在し、永遠の生命を意味する‘聖杯’が、実はマグダラのマリアのことである!と断定している。従って、
  マグダラのマリアを知らずして、 ダ・ヴィンチ・コードを観るな!

「マグダラ」(Magdala)とは、 イスラエル北東部・ガリラヤ湖西岸にある町で、彼女の生誕の地。
  フランスの沿岸にひっそりと佇むこの小さな村では、
  マグダラのマリアが産んだ娘(サラ)に関する伝説が今も尚、大切にされている。
  果たして本当にキリストの子孫はいるののだろうか―。
  今もどこかに存続しているのだろうか。
  シオン修道会はキリストの血脈を引く末裔に関する重大な秘密を代々守ってきた。
  それが何千年にもわたって存続している要因は、一体何なのだろうか?

そこで、皆さんのために世界初の特別公開!

ダ・ヴィンチ・コードの謎解きの旅

【マグダラのマリア】の絵を巡る旅を紹介しましょう。 まずは、ダ・ヴィンチをはじめ、数多くの描かれた、 キリストとマグダラのマリアの見方を簡単に教えます。

絵画から想像するマグダラのマリアとキリストとの関係

  • 十字架の下からイエスに抱きつきたいような姿
  • 十字架から降ろされたイエスの足元にすがりつく姿
  • イエスに悪霊を追い出してもらい懺悔する姿
  • 復活するイエスを愛おしく見つめる姿
  • 気位の高い、またおすましした姿

マグダラのマリアの見分け方

  • キリストの足に塗る香油壷を持っているか、足元に置いている
  • 髪を結わず長くのばしている
  • 紅いマントを羽織っている
  • 豪華な服装に宝石を散りばめた俗愛型の女性(改宗前の姿)
これらの画題は、 全て新約聖書の物語から取られていて、映画の中でも、要所要所にそれらの絵が登場する。
新約聖書で語られているように、イエスの復活の場面でのマグダラのマリアとの出会いが、イエスと弟子を超えた情愛感情に移っていきます。
その場面の絵画の背景を知ることは、この映画を理解する上に大変役に立ちます。
まさに、キリスト教や聖書にとっては天地が逆転してしまいかねない、 この【ダ・ヴィンチ・コード】の革命的な理論は、果たしていかなる信憑性をもつのか―。

しかし「これを信じるのは、歴史・文化のないアメリカ人と、宗教心のない日本人だけ」と言うのが、フランスの通説であるらしい。

次号では、ヨーロッパ各地に点在する、マグダラのマリアを訪ねる旅に出発しましょう。
お楽しみに!