JTB, HIS, KNT, NTR, 阪急交通 大手旅行会社のヨーロッパツアー情報、詳細比較、クチコミ情報。最新情報をネットから収集しています。


ヨーロッパ旅行情報|プロが集めたヨーロッパツアー比較情報




イタリア・ドロミテ山塊

 
Google Map

当ヨーロッパ旅行選科では、各ブログの写真をクリックするとGoogleMap を表示することができます。
世界遺産などもピンポイントで空から見ることが出来ます。
地図をクリックしてドラッグすれば、瞬時に、隣接領域に移動することができます。
また衛星写真や航空写真で表示することもできます。
[デュアル] モードでは、生の航空写真と主要道路地図を同時に表示できます。
空からの世界遺産の眺めをゆっくり楽しんでください。
もう気分はヨーロッパ旅行者です♪

Google
Web
euro.navi-club.jp
PROFILE
Add to Google
My Yahoo!に追加

 

オランダ 【ゴッホのクレ−ラー・ミューラー美術館】

日本語読みは、クレーラー・ミューラーともクローラー・ミューラーともあり、検索に迷いますが、正確な発音は、レとロの間、ちょっと喉に詰まるような日本人には困る発音です。
Kröller Müller Museum は、300点のゴッホの絵画や素描画の膨大なコレクションを所蔵し、絵画ファンならずとも、オランダでは必見のポイントです。

アムステルダムから高速1号線(A1)を1時間東へ。
途中 'Park Hoge Veluwe' の標識をオッテルロー(Otterlo)方面へ国道を南に20分程度で目指す美術館に到着。
美術館はデ・ホーヘ・フェルウェ国立公園の中にあるので、国立公園のゲートを入ってから美術館に行きます。
専用バスや車で行く場合は、オッテルローを超えて南のSchaarsbergenのゲートから入ると美術館傍まで 車でOK。公園入場料はゲートで支払い。美術館とコンビネーションチケットもあります。

この国立公園は別名【ゴッホの森】とも言われ、自然、古城、サイクリング、チーズ作りなど、自然と芸術を満喫できる広大なスポットで、美術館見学だけで終わらせてしまうのはもったいない魅力いっぱいのエリアです。

ゴッホ(Vincento Van Gogh)は1853年に6人兄弟の長男としてオランダ(Zundert)に生まれ、1890年7月27日に自殺を図り、2日後の7月29日にフランス(オーヴェール:Auvers)で亡くなりました。
弟のテオも兄の後を追うように、1891年1月21日にオランダ・ユトレヒトで亡くなりました。
二人の墓は現在、パリ北西部のオーヴェール・シュール・オワーズ(Auvers)に移され、兄弟並んで眠っています。

ヨーロッパで絵画を鑑賞するとき、画家の生まれた年をあらかじめ調べておき、美術館に陳列されている絵の作成年から引くと、目の前の絵が何歳のときに描かれたかがわかり、画家の人生における表現が判り面白く鑑賞できます。ちなみにピカソは1881年と覚えやすいので是非覚えておいてください。

それではクローラー・ミューラー美術館に所蔵されているゴッホ・コレクションのごく一部をご紹介いたします。


ゴッホの全てのヨーロッパ・コレクションはコチラ で無料鑑賞できます。

クレーラー・ミューラー美術館
 ◆開館日と時間:(火)-(日)と祝日の10:00−17:00
 ◆休館日:毎週月曜(祝日はオープン)と1月1日
 ◆入館料: デ・ホーヘ・フェルウェ国立公園内に位置するため、美術館の入館料とは別に公園の入場券が必要です。
   大人 : 公園6ユーロ、美術館6ユーロ

クローラー・ミューラー美術館の更なる楽しみは、まずその庭です。 箱根彫刻の森美術館が参考にしたとのことですが、庭のそこここに彫刻が浮かんで飾られています。 日本の石仏を配置した小道もあります。(美術館から直接はいれますが16時30分まで)
また美術館前には無料の貸し自転車がありますので、国立公園内の自転車での散策もいかがでしょうか? 北に少し行くとSt.Ghubertusの標識があり左に曲がると綺麗な湖のほとりに出ます。
水鳥と遠くにみる館の佇まいに思わず見とれ、しばし時間の経過を忘れてしまうくらいです。 (自転車はフットブレ−キですので、くれぐれもご注意ください。)


【ゴッホを観る旅】のJTBからのおすすめツアー:    大阪発名古屋発札幌発東京発

【JTBの海外ツアー】 ヨーロッパ・ツアー人気ランキング一覧


コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://euro.navi-club.jp/trackback/178141