JTB, HIS, KNT, NTR, 阪急交通 大手旅行会社のヨーロッパツアー情報、詳細比較、クチコミ情報。最新情報をネットから収集しています。


ヨーロッパ旅行情報|プロが集めたヨーロッパツアー比較情報




イタリア・ドロミテ山塊

 
Google Map

当ヨーロッパ旅行選科では、各ブログの写真をクリックするとGoogleMap を表示することができます。
世界遺産などもピンポイントで空から見ることが出来ます。
地図をクリックしてドラッグすれば、瞬時に、隣接領域に移動することができます。
また衛星写真や航空写真で表示することもできます。
[デュアル] モードでは、生の航空写真と主要道路地図を同時に表示できます。
空からの世界遺産の眺めをゆっくり楽しんでください。
もう気分はヨーロッパ旅行者です♪

Google
Web
euro.navi-club.jp
PROFILE
Add to Google
My Yahoo!に追加

 

シニア旅行に人気の旧東ドイツを巡る旅(1)【ベルリンから旧東ドイツへ】

【ベルリンの壁】時代の思い出話し

ハーフェル川とシュプレー川に挟まれた都市ベルリン。
1989年ベルリンの壁が崩壊し東西冷戦に終止符がうたれました。
数々のベルリン訪問は、歴史の節目に遭遇した不思議な訪問でした。
最初は、今は昔のPANAM(パンアメリカン航空)に乗り、フランクフルトからベルリンへ向かいました。当時は、まだKLMなどのドイツの航空会社も無く、すべてアメリカの航空会社がドイツ国内も運行していました。
フランクフルトでもベルリンでも、飛行機に乗るまで3回もボディと荷物をチェックされるなど、ものものしい警備の厳戒体制を潜り抜け、50分程度の飛行時間で、東ドイツという湖の中に、ぽっかり浮かんだ島のような西ベルリン・テンペレホフ空港におりたちました。
西ベルリンから東側に移動するには、フリードリッヒ通りとチンマー通りの交差点のチェックポイント・チャーリーを通ります。
パスポートと荷物は勿論、車の座席の下までチェックされた記憶があります。
東ドイツに入ると、様相は一変します。
自動車道路はガタガタ、息せき切りながらようやく走っているトラバント(旧東ドイツの小型乗用車)を、西ドイツ製のBMWがスイスイ追い抜きます。
それこそ、図体のでかいドイツ人が、小型のトラバンドの中で、頭が車の屋根から飛び出しそうな感じで運転している姿や、ガタガタのアウトバーンの至る所で、煙をなびかせエンストしているトラビが、今でも鮮明に思い出されます。

2回目のベルリン訪問は、1989年のベルリンの壁崩壊の3ケ月あとでした。
壁崩壊の1週間前に川を渡り、命を落とした人の墓で冥福を祈り、ベルリンの壁を壊すのに協力。
当時は訪問者に2マルクでハンマーを貸し、それでベルリンの壁を壊し、もち帰りが可能でした。

GoogleMap3回目は、あの9・11の翌日にベルリンに出張。
空港はどこもガラガラ、待合室で乗客が疑心暗鬼でお互いの顔や素振りを気にしていた思い出があります。
到着時、窓から見るベルリンの高層の建物が大変気になりましたが、無事テーゲル空港に着陸。
2000年、首都がボンからベルリンに移され、ベルリンは明るく大きく変貌しました。
例えばブランデンデルグ門脇にあるドイツ連邦議会ビルの上部にはガラス張りのドームがつくられ、螺旋上スロープを上まで上るとベルリンの町が一望できます。
是非訪れてみてください。8:00から24時まで、入場無料です。

ヨーロッパの大都市、ベルリンとパリの街を比べますと、地理的にヨーロッパの中心のパリと、中心から離れたベルリンでは、都市全体のファッションや多様性においてまだまだ、パリには追いついていません。
しかし、2006年のワールドカップを機会に、世界中の人々に、ベルリンの素晴らしさが理解されると思います。

ベルリン市内ガイド

  • サッカースタヂアム
    地下鉄U2番Ruhleben(ルーレーベン)行きで、Olympia Stadion下車、市の西の中心、
    動物園駅(Zooツオー)から15分程度、10分間隔毎に出発。
  • ベルリンフィルハーモニの鑑賞
    Esplanade(エスプラナーデホテル) 宿泊がお勧め。部屋の綺麗さとロビーも広くスタッフのサービスもよく使いやすい。
    コンサート会場はホテルの前の川に沿って小道を20分程度徒歩で向かいます。
    往復が緑の木々の中で、コンサート前の期待とコンサートの余韻を楽しむには丁度よい散策にもなります。
  • クラッシックスタイルのホテルをご希望のかたは、Clarion Hotel Berlin(旧ホテルベルリン)が(旧館,新館)がおススメです。
    ポツダム広場をはさんで、エスプラナーデホテルの反対側にあります。
  • クーダム、百貨店、KeDeWe(カーデーベー)などのある娯楽地域は、ホテル傍から市バス129番で10分程度でOKです。
    品物の豊富さにはビックリ。食品売場が最上階にあり、眺めのよい場所から買い物が楽しめます。
  • 娯楽地域のクーダムでは24時くいらいまではビアレストランがオープン。
    ビアレストランでビールとソーセージの盛り合わせのおつまみに、言葉が通じなくても現地の方とひと騒ぎ。
    ビールジョッキーをもって腕を交差させ乾杯(Prositプロースト)ときたらドイツ気分満喫です。
    ドイツ人は、本当にこういうのが大好きです。それに、なぜかドイツ人は日本びいきが多いのです。
    クーダム地域ではBerliner Assinger(ベルリンナーアッシンガー)、Hardtke(ハルトケ)、Krantsuler(クランツラー)などのビアレストランがお勧め。

プロおススメの【ベルリンと旧東ドイツを巡る】ツアー

 ★日本旅行のベルリンを巡る旅
 ★JTBのベルリン・ツアー

コメント
from: -   2011/10/25 7:21 PM
管理者の承認待ちコメントです。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://euro.navi-club.jp/trackback/232036