JTB, HIS, KNT, NTR, 阪急交通 大手旅行会社のヨーロッパツアー情報、詳細比較、クチコミ情報。最新情報をネットから収集しています。


ヨーロッパ旅行情報|プロが集めたヨーロッパツアー比較情報




イタリア・ドロミテ山塊

 
Google Map

当ヨーロッパ旅行選科では、各ブログの写真をクリックするとGoogleMap を表示することができます。
世界遺産などもピンポイントで空から見ることが出来ます。
地図をクリックしてドラッグすれば、瞬時に、隣接領域に移動することができます。
また衛星写真や航空写真で表示することもできます。
[デュアル] モードでは、生の航空写真と主要道路地図を同時に表示できます。
空からの世界遺産の眺めをゆっくり楽しんでください。
もう気分はヨーロッパ旅行者です♪

Google
Web
euro.navi-club.jp
PROFILE
Add to Google
My Yahoo!に追加

 

映画【ダ・ヴィンチ・コード】番外編

ヨーロッパ旅行とは直接関係ありませんが、ダ・ヴィンチーコードの映画を見た友人から、面白いウンチクの話しを聞きましたのでご披露します。

映画【ダヴィンチ・コード】の2つのキーワード

映画ダ・ヴィンチ・コードでは、2箇所で数学、物理に関するキーワードが現れていました。それを知ってると、ダ・ヴィンチ・コードの謎解きがより鮮明になりますよ。

1.フィボナッチ数列

最初のキーワードはフィボナッチ数列
貸金庫の暗証番号を入力する緊張した場面で、10桁の番号入力が指示された。
教授はメモの数字をフィボナッチの数列に置き換えて見事成功。
フィボナッチの数列とは、中世(13世紀)のイタリアの数学者が提唱した数列。
10桁の番号は、1、1、2、3、5、8、13、21の10個ではないでしょうか?
この数列の約束は、3番目以降は前にある2つの数字の和をとって並べてあるというもの。
3=2+1、5=3+2など。
もともとは動物の増殖問題を扱うものであったが、この数列には不思議なからくりがあります。
順番にならんでいる3つの数、例えば2,3,5を取り出して、両端の数の積から中央の数の2乗を引きます。この場合ですと、
 2×5−3の2乗=1
 3,5,8ですと3×8−5の2乗=−1
 5,8,13ですと1
 順番に計算すると、+1と−1が交互にでてきます。

ギリシャ時代の黄金分割の比は、2分のルート5−1、で小数に直すと0.618034が近似値として求められます。
このゴールデンナンバーとフィボナッチの数列と不思議な関係があります。数列の隣り合う2つの数の比をとってみると
 1分の1=1          2分の1=0.5
 2分の3=0.666667   5分の3=0.6
 8分の5=0.625      13分の8=0.615385

左右から段々にゴールデンナンバー0.618034に近づいていきます。

2.Apple

もう一つは映画のクライマクスに近く、ニュートンの墓の前で、モラトリアムをあけるキーワードがApple
そこに隠されたことばがクライマックスの舞台、エディンバラ南のロスリン教会となる。
勿論Appleは、物理学者ニュートンが故郷ウールスソープの実家でリンゴが木から落ちるのをみて、万有引力を発見したとの故事による。
アイザック・ニュートンの生まれた年、1642年12月25日は、教会に反して地動説を唱えたガリレオが亡くなった年でもある。
映画との関係で大切なのは、ニュートンは、『イエスは神の子でない』と主張する一派のユニテリアンであったことである。
ロンドンにおけるニュートンゆかりの地は、

コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://euro.navi-club.jp/trackback/285362