JTB, HIS, KNT, NTR, 阪急交通 大手旅行会社のヨーロッパツアー情報、詳細比較、クチコミ情報。最新情報をネットから収集しています。


ヨーロッパ旅行情報|プロが集めたヨーロッパツアー比較情報




イタリア・ドロミテ山塊

 
Google Map

当ヨーロッパ旅行選科では、各ブログの写真をクリックするとGoogleMap を表示することができます。
世界遺産などもピンポイントで空から見ることが出来ます。
地図をクリックしてドラッグすれば、瞬時に、隣接領域に移動することができます。
また衛星写真や航空写真で表示することもできます。
[デュアル] モードでは、生の航空写真と主要道路地図を同時に表示できます。
空からの世界遺産の眺めをゆっくり楽しんでください。
もう気分はヨーロッパ旅行者です♪

Google
Web
euro.navi-club.jp
PROFILE
Add to Google
My Yahoo!に追加

 

シニア旅行に人気のヨーロッパの旅(12)【アイゼナッハ】

世界遺産アイゼナッハの
【古城ホテル】


ライプチヒ、ドレスデンから西にワイマール、アイゼナッハ、フルダを通ってフランクフルトに抜けるおよそ400kmの道は、 ゲーテ街道と呼ばれている。
ゲーテは1749年フランクフルトに生まれ、ライプチヒの大学で法律を学んだ。
1832年ワイマールで亡くなるまで、ゲーテは素晴らしい詩を中心としたさまざまな芸術を世に送り出した。
そのゲーテの足跡を、フランクフルト、ワイマールのゲーテの家で、しのぶことができる。
ゲーテ街道のほぼ中間点にあるアイゼナッハの丘の上には、ヴァルトブルグ城が悠然と建っている。
城門を入り、中庭の右は古城ホテル(Hotel auf der Waltburg)として利用できる。
木を多様した落ち着いた部屋で、広さも問題ない。
できれば先端側の部屋が眺めがよいだろう。
南側の部屋はチューリンゲンの広大な森、北側の部屋は夜になるとアイゼナッハの町の明かりが見えて、幻想的。
食事は階を違えたレストランで食べるが、ここもまた落ち着いたシックな雰囲気だ。
5〜6月の季節に賞味できる、白アスパラガスがおいしい。

★現地情報です★

アイゼナッハ/クリックするとGoogleMapが表示されます ↑ヴァルトブルグ城






ルター、そして偉大な芸術家たち


ルター
↑ルターの部屋
ホテルを挟んで反対側がヴァルトブルグ城となっている。
ヴァルトブルグ城の最初の話題は、ヴィテンベルグで登場した マルティン・ルターだ。
1517年、ヴィテンベルグ城教会の扉に95ヶ条の質問状を貼りだした後、ハプスブルグ皇帝になったカール5世と1521年ドイツのウォルムスの帝国議会で対決したが、ルターは自己の行動を撤回せず、帝国追放の刑が宣告された。
しかし、ルターのウォルムスからの帰還途中ザクセン選帝侯がルターを保護し、このヴァルトブルグ城にかくまったという。
その後ルターは、民衆にも聖書が理解できるようにしたり、宗教改革に関する論文を執筆した。
ルターの農民に対する、深い愛情を感じずにはいられない。


彼が活動した部屋は城の奥にあり、歴史のドキュメントの1ページとして興味をそそる。
ヴァルトブルグ城で見逃せないのは、歌合戦の間。
1206年、ヴァルター・フォン・フォーゲルヴァイデ、ヴォルフラム・フォン・エッシェンバッハを含む6人の宮廷恋愛歌人が、ここで歌合戦を行った伝説が壁画として残る。
作曲家リヒャルト・ワーグナーは、そこで繰り広げられた物語をオペラをもとに「タンホイザー」を制作した。
また、ライプチヒで登場した作曲家 バッハは、1685年にここで生まれている。
ヴァルトブルグ並木道を城から下っていくと、駅に向かう左手のところにバッハの家があり見学できるので、ぜひ立ち寄ってほしい。
そして、ドイツといえば自動車を忘れてはいけない。
鉄道を挟んで旧市街と反対側に、オペルの自動車工場がある。
ドイツ人の車に対する情熱には驚きの一言。
フォルクスワーゲンの工場があるハノーバーの南の町、ウオルフスブルグ(狼の町)に、鉄道駅から歩いて10分程度ところにオートシュタート(Autostadt)と呼ばれる場所がある。
文字通り自動車の町で、工場に隣接し自動車博物館、ホテル、レストラン、遊技場などが立派に完備されている。
時間がある人はホテルに数日前から泊まり、自分に注文した車が工場の最終ラインを通過するのを見て、走行距離ゼロから自分で運転していくのも非常に楽しい。
古城ホテル
↑古城ホテル

今回登場した
偉大な芸術家
主な作品
ゲーテ 『ファウスト』
『ゲッツ・フォン・ベルリヒンゲン』
『若きウェルテルの悩み』
など多数。
ルター 『ドイツ語旧約聖書』
『95か条の論題』
『ドイツ貴族に与える書』
など多数。
バッハ 『マタイ受難曲』
『ミサ曲 ロ短調』
『平均律クラヴィーア曲集』
など多数。



コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://euro.navi-club.jp/trackback/323009