JTB, HIS, KNT, NTR, 阪急交通 大手旅行会社のヨーロッパツアー情報、詳細比較、クチコミ情報。最新情報をネットから収集しています。


ヨーロッパ旅行情報|プロが集めたヨーロッパツアー比較情報




イタリア・ドロミテ山塊

 
Google Map

当ヨーロッパ旅行選科では、各ブログの写真をクリックするとGoogleMap を表示することができます。
世界遺産などもピンポイントで空から見ることが出来ます。
地図をクリックしてドラッグすれば、瞬時に、隣接領域に移動することができます。
また衛星写真や航空写真で表示することもできます。
[デュアル] モードでは、生の航空写真と主要道路地図を同時に表示できます。
空からの世界遺産の眺めをゆっくり楽しんでください。
もう気分はヨーロッパ旅行者です♪

Google
Web
euro.navi-club.jp
PROFILE
Add to Google
My Yahoo!に追加

 

シニア旅行に人気のヨーロッパの旅(13)【フランクフルト】

【フランクフルトのホテルと食事】


ゲーテ街道の中間地点、アイゼナッハのヴァルトブルグ城に泊まったあと、終点のフランクフルトに立ち寄ってみる。
フランクフルトは「フランク族の浅瀬」という意味。
フランクフルトといえば、やはりソーセージ。
20cm位の長さの茹でたソーセージに、辛子とケチャップを付けて食べるのが最高だ。
市内食い倒れ横丁(フレスガッセ)にある有名なソーセージショップ、美食家マイヤーでぜひ試食してほしい。
ドイツのアウトバーンのドライブインで、1本5ユーロ程で食べるのも楽しい。
夕食もまた、ソーセージの盛り合わせとじゃがいもと酸っぱいキャベツ、それに名物のリンゴワインを加えたい。
また、ドイツを旅行したらリンゴジュース(アプフェル・ザフト)は絶対お忘れなく。
フランクフルトというと、 IAA(国際モーターショー)INTERSTOFF(国際衣料見本市) など、国際見本市の開催都市として有名だが、観光都市としても、ツアーでもあまり訪れないような隠れた魅力を沢山持っている。
フランクフルト/クリックするとGoogleMapが表示されます

↑フランクフルト市章



★主な人気レストラン★


↑フランクフルトカード

フランクフルトカードを買おう

フランクフルトの交通はとても整備されています。
そこで、おすすめなのが、 「フランクフルトカード」 です。
これを購入すると、市内のバスや鉄道が乗り放題になります。
お値段は約8ユーロ。
フランクフルト中央駅のインフォメーションで購入することができます。




フランクフルト近郊の【貴族の館】のホテル

ライン川は、ドイツ領内でマインツとリューデスハイムの間で唯一流れが東西になる場所であり、その北側には平均600mの高さのタウナス丘陵が広がり、フランクフルトの町から間近に望める。
このタウナス丘陵の森のなかにあるのが、世界のリーディングホテルの一つである シュロスホテル・クロンベルグ だ。

このホテルは、プロイセン国王でありドイツ皇帝であったフリードリッヒ3世の妻ヴィクトリア王女の創建による、格調高いフランクフルトのホテル。
館を改装したので、各部屋は違った広さであるがもちろん広く、内装も立派。
ホテル設備としても全く問題ない。
日本にはない貴族の雰囲気が味わえるホテルだ。
ぜひシニアの方におすすめしたい
夕食は、ホテル内シュロスレストランでタキシードを着た若いスタッフや、カジュアルではあるが品の良い服装の女性がサービスしてくれる。
食事の後は、王女に関する陳列品をみたり、バーやロビーカフェと、だんらんする場所が豊富でいい。
森に囲まれた貴族の館で、静かな時を満喫したい。
お休みの前には、部屋の外に靴を出すことをお忘れなく。
朝までにみがいておいてくれるので、貴族気分が味わえる。
起床後は、ホテルの前の庭の散歩がおすすめ。
ゴルフ好きのシニアの方にはホテル専用の18ホールのゴルフコースもある。(ハンディキャップ証明書が必要ですので、初心者の方は残念ながらプレーできない)。
ホテル代(朝食付き)、ゴルフフィー(料金)でお一人あたり、約280ユーロで貴族の雰囲気を楽しめるうれしいホテル。
クロンベルグへは、空港やフランクフルト中央駅からバスや電車がホテルの傍まででているので便利。
30分ほどで行くことができる。
近くに ケーニッヒシュタイン というドイツの田舎町がある。
廃墟になった古城の塔に登ると、タウナス丘陵が一望できる。
クロンベルグ

↑クロンベルグ外観







シュテーデル美術館

フランクフルトのシュテーデル美術館は、ユニークな絵画や有名な画家のコレクションが沢山あるのに、意外と隠れた存在。
どうしても見たいのがドイツ画家 クラナッハのヴィーナス
その姿はイタリアの美術館でみる美人のヴィーナスとは、似つかない異様な雰囲気。
クラナッハはゲーテ街道の町ワイマール出身で、町の広場前にはクラナッハの家があり見学できる。
クラナッハの絵はヨーロッパ中の美術館に散らばっているので、ぜひ記憶にとどめておきたい。
美術館は市街とはマイン川を挟んで反対側にある。
美術館見学のあとは、ザクセンハウゼンでリンゴワインでも飲んで休息。
夕日が落ちるのを見ながら、マイン川の橋を再び渡り旧市街に戻るのも旅情満点。

主なシュテーデル美術館の展示作品

↑シュテーデル美術館



コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://euro.navi-club.jp/trackback/327016