JTB, HIS, KNT, NTR, 阪急交通 大手旅行会社のヨーロッパツアー情報、詳細比較、クチコミ情報。最新情報をネットから収集しています。


ヨーロッパ旅行情報|プロが集めたヨーロッパツアー比較情報




イタリア・ドロミテ山塊

 
Google Map

当ヨーロッパ旅行選科では、各ブログの写真をクリックするとGoogleMap を表示することができます。
世界遺産などもピンポイントで空から見ることが出来ます。
地図をクリックしてドラッグすれば、瞬時に、隣接領域に移動することができます。
また衛星写真や航空写真で表示することもできます。
[デュアル] モードでは、生の航空写真と主要道路地図を同時に表示できます。
空からの世界遺産の眺めをゆっくり楽しんでください。
もう気分はヨーロッパ旅行者です♪

Google
Web
euro.navi-club.jp
PROFILE
Add to Google
My Yahoo!に追加

 

シニアのヨーロッパ旅行記(17)【イタリア・ドロミテ(1)】

大自然に囲まれた名所【ドロミテ】

ドロミテとオーストリア・ドイツの旅

ヨーロッパ最後の秘境と言われる北イタリアのドロミテ渓谷。
ヨーロッパで最も美しい景色のひとつのドロミテ山塊は、雨が大地を破壊した芸術品。街道を走ると、これでもかと奇岩が次々に現れる。まるで大自然のテーマパーク。
「クリフハンガー」の撮影地、そして猪谷千春選手が銀メダルを取ったスキー場です。

ドロミテ(Dolomite)はオーストリアのアルプスの間にある、箱庭のような渓谷美。 ドロミテの名前はここを探検したフランスの地質学者ドロミューに因む。
アンモナイトや貝の化石が発見されるので、2〜3億年前に海底に堆積した石灰質岩 (ドロマイト)プレートテクトニクス(造山運動や地震のメカニック)の結果隆起したものだとわかる。
岩壁は長年の風水の侵食と破壊にさらされて、今私たちに美しい姿を見せている。
ヴェネチアの北約200kmにあるコルティナ・ダンペッツォがドロミテ街道の東の玄関口。
西はボルツァノから。
ドロミテ街道に沿った見所の峠(Passo)には山小屋風の休憩所や食事場所がある。
そこからケーブルカー(Funivia)やスキーリフトで岩壁の頂上をめがけて一気に上る。
これがまた気持ちいい。
頂上ではハイキングコースが整備されているところもある。
ドロミテ渓谷の岩壁は、どれも個性的な形をしていて飽きない。
カメラで撮影してみても、いい思い出になるだろう。
大自然に囲まれたドロミテはアクティブシニアの旅として絶対おすすめ。
日本発のツアーは滅多にないので、レンタカーを借りて心行くまで楽しみたい場所だ。


ドロミテ渓谷へ出発

ヴェネチアから車でドロミテへ出発。
ソットカステッロ(Sottocastello)で道が左右に分かれるが、最後は山道になり、眺めの良い右に折れる。
道順にあるカテリーナ(Caterina)湖が見渡せるレストランで休憩。
ドロミテに到着したら、最初に道順にあるミズリーナ(Mizurina)湖に行ってみたい。
山に囲まれた湖の周りは、静かで大変清々しい1時間ほどの散策コースもある。
湖から車で15分ほど奥にある、いまにも崩れそうな超巨大な3本の岩壁トレ・チェーメ(Tre Cheme)には驚きの一言。

ドロミテ街道の玄関口【コルティナ ダンペッツォ】

ドロミテ街道の東の玄関コルティナ ダンペッツォは、1956年の冬季オリンピックの開催地として国際的に有名になった観光地であり、ヴェネチアとオーストリアのインスブルックを結ぶ要衝でもある。
ボイテ川沿いに細長く伸びた町の中心は、イタリア通り(Corso Italia)とイタリア広場((Piazza Italia)でホテル、レストラン、土産店が並んでいる。といってもゆっくり歩いても15分程の町並み。
通りの終点には18世紀の聖フィリッポ・ジャコモ教会、19世紀の修道院、アルペン記念碑などがある。

ドロミテのスキー場【クリスタッロ】

クリスタッロ(Cristallo)は トンバ選手の最初の練習場でもあったスキー場で有名。
夏でもスキー用リフトを乗り継ぎ、2,896mにあるロレンチ(Lorenzi)避難小屋まで上ることができる。
コルティナ ダンペッツォの町から車で10分ほどで最初のリフトの乗り口、1,680mにあるリオ ゲーレ(Rio Gere)に到着。
ここはレストランになっているので立ち寄りたい。
そこからゴンドラ式リフトに乗って2,215mにあるソン フォルカ(Son Forca)の山小屋に上る。
山小屋は7月から9月までオープンされ27人まで宿泊可能。
そこから今度は二人乗りのリフトに乗り換え。
次の駅までの移動距離は100mほどだが、高地のため息が切れるので注意。
今度は30分以上も二人乗りのリフトにのってロレンチに向かう。
もちろん景色は抜群だ。

ドロミテ/クリックするとGoogleMapを表示します

ドロミテの岩壁

クリスタッロに向かうケーブル


必ず帰りのケーブル時間をチェック!

上る前に、ケーブルカーやリフトの下り最終時間を必ず確認すること。 突然止まります。
また昼の休憩時間の確認要。
降りる時間が昼休みと重なると、ケーブルカーが突然止まります。
それも2時間ほどですので注意。
万一それに当たった場合は、最悪歩いて下山ということになります。


★岩壁に上ってみよう★

バスターミナル脇からフニヴィアで冬季オリンピックでスキー競技が行われた2,123mのファロリア(Faloria)の岩壁に上る。
ここからは眼下にコルティナ ダンペッツォとドロミテ街道、眼前には3,243mを主峰とするトフアーネ(Tofane)の雄大な山塊、右手遠くに3,216mのクリスタッロ(Cristallo)が見える壮大な景色が素晴らしい。
フロリアへは道路もあるが、途中から未舗装の山道でジープなどでないと登りきる事ができないので注意。


トファーネの岩壁


コルティナ・ダンペッツォ/クリックするとGoogleMapを表示します

コルティナ近郊の山々


★ドロミテ、コルティナエリアのホテル★

ホテルアンコーラ

コルティナダンペッツォ/クリックするとGoogleMapを表示します



コメント
from: -   2013/01/28 5:41 PM
管理者の承認待ちコメントです。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://euro.navi-club.jp/trackback/335893