JTB, HIS, KNT, NTR, 阪急交通 大手旅行会社のヨーロッパツアー情報、詳細比較、クチコミ情報。最新情報をネットから収集しています。


ヨーロッパ旅行情報|プロが集めたヨーロッパツアー比較情報




イタリア・ドロミテ山塊

 
Google Map

当ヨーロッパ旅行選科では、各ブログの写真をクリックするとGoogleMap を表示することができます。
世界遺産などもピンポイントで空から見ることが出来ます。
地図をクリックしてドラッグすれば、瞬時に、隣接領域に移動することができます。
また衛星写真や航空写真で表示することもできます。
[デュアル] モードでは、生の航空写真と主要道路地図を同時に表示できます。
空からの世界遺産の眺めをゆっくり楽しんでください。
もう気分はヨーロッパ旅行者です♪

Google
Web
euro.navi-club.jp
PROFILE
Add to Google
My Yahoo!に追加

 

イタリア旅行【フィレンツェ】(シニアのヨーロッパ旅行 No.21)

イタリア旅行でルネサンスを観る
【フィレンツェとウフィツィ美術館】

フィレンツェ地図/クリックするとGoogleMapを表示します イタリア旅行でルネサンス芸術・建造物を観るには、アルノ川に沿った世界遺産の街、フィレンツェだ。
そこは歩けば歩くほど今なお、ルネサンスの魅力が発見できる街だ。
イタリア旅行でフィレンツェをじっくり堪能するには、フィレンツェ2泊のツアーを選びたい。
高台のミケランジェロ広場から、アルノ川とフィレンツェの全景を展望する。
その後、徒歩で ドゥオモシニョーリア広場ウフィツィ美術館を見学。
イタリア旅行でのフィレンツェ自由行動日は、 斜塔で有名なピサのオプショナルツアー(別費用旅行)が組まれている。

コースによっては郊外のホテルになることもある。
申込み時に確認が必要だ。
ルックJTBでのイタリア旅行は、各コースとも同じ表記で統一されていて安心感がある。
フィレンツェをじっくり鑑賞したいときは、パック型のグローバル・ヨーロッパの旅「メディチ家の栄華 古都フィレンツェ街歩き7日間」、個人旅行型のルックJTB「フィレンツェ6日間・8日間」などの ルックJTBのイタリア旅行・フィレンツェ着のツアー の中から選ぶと良い。

イタリア旅行のパック旅行日程表中のフィレンツェ宿泊ホテルの表示も、旅行業者によって様々。
  • ルックJTBのイタリア旅行:市中心部にあり、自由行動に便利なAグレードホテル
  • 阪神航空フレンドツアーのイタリア旅行:市内中心部のファーストクラスホテル厳選(写真付き)
  • KNTホリデイツアーのイタリア旅行:ホリデイおすすめの観光に便利なホテル
  • ANAハローツアーのイタリア旅行:特に明記されていない。


フィレンツェのウフィツィ美術館

フィレンツェのウフィツィ美術館は必見の場所。
ウフィツィ美術館において、ガイドの説明にも飽きずに美術館を観るには、名画の登場人物をキーとしてメモしておくといい。
マリア様は、大体赤の衣服に青のマントで登場する。

◆ウフィツィ美術館の主な絵画



◆ウフィツィ美術館のポイントとなる画家

ウフィツィ美術館/クリックするとGoogleMapを表示しますフィレンツェの夜景


◆絵で見るキリスト教の聖徒

キリスト教の聖徒はたくさんいて判りづらい。
そこで聖ペテロ(ピエトロ)は、鍵を持っているのが決め手とする。
アッシジの聖フランチェスコは、僧衣をまとってその一部が破れている。
マグダラのマリアは長い髪に赤のマント、聖セバスティアヌスは矢で射抜かれているなど、特徴を覚えておくとイタリアの他の美術館でも役立つだろう。

◆ボッティチェリの「春」の登場人物は?

中央にヴィーナス。
向かって右が西風ゼフィロスがニンフのクロリスにタッチすると女神フローラに変身。
左手には三美神、左から愛欲、貞節、美の女神といわれている。
ヴィーナスの頭上には、誰かを射ようと目隠しをした子供のクピド(キューピット)。
いちばん左手には天と地を結ぶ使者クロリスが描かれている。
ブランカッチ礼拝堂地図/クリックするとGoogleMapを表示します
ブランカッチ礼拝堂入場券



◆ダ・ヴィンチも認めた画家、マザッチョ

わずか27歳でこの世を去った天才画家 マザッチョ
本名はトンマーゾ・ディ・セル・ジョヴァンニ。
ウフィツィ美術館にも、マゾリーノとの合作といわれている「聖アンナと聖母子」がある。
マザッチョの絵は、アルノ川を挟んでウフィツィ美術館とは反対側の、サンタ・マリアデル・カルミネ教会、 ブランカッチ礼拝堂「貢の銭」や、
「アダムとイブの楽園追放」 などマザッチョの傑作を見ることができる。
ダ・ヴィンチやミケランジェロ、ラファエロもここに通って壁画を模写したといわれているほど。
ツアーでは殆ど紹介されていないが、イタリア旅行でのフィレンツェ半日自由行動のときに隠れた名画を堪能してほしい。

マザッチョ同様に若くしてこの世を去った天才達





コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://euro.navi-club.jp/trackback/360583