JTB, HIS, KNT, NTR, 阪急交通 大手旅行会社のヨーロッパツアー情報、詳細比較、クチコミ情報。最新情報をネットから収集しています。


ヨーロッパ旅行情報|プロが集めたヨーロッパツアー比較情報




イタリア・ドロミテ山塊

 
Google Map

当ヨーロッパ旅行選科では、各ブログの写真をクリックするとGoogleMap を表示することができます。
世界遺産などもピンポイントで空から見ることが出来ます。
地図をクリックしてドラッグすれば、瞬時に、隣接領域に移動することができます。
また衛星写真や航空写真で表示することもできます。
[デュアル] モードでは、生の航空写真と主要道路地図を同時に表示できます。
空からの世界遺産の眺めをゆっくり楽しんでください。
もう気分はヨーロッパ旅行者です♪

Google
Web
euro.navi-club.jp
PROFILE
Add to Google
My Yahoo!に追加

 

イタリア旅行【フィレンツェ散策】(シニアのヨーロッパ旅行 No.22)

フィレンツェの奥深い魅力を発見【フィレンツェ観光】

フィレンツェ地図/クリックするとGoogleMapを表示します

東西に流れるアルノ川の渓谷に開けた街、フィレンツェ。
北のボローニャから車でフィレンツェへ行く。
高速道路アウトストラーダA1を走り、アペニン山脈を越えると、左手前方にフィレンツェの街が見える。
高速道路からフィレンツェ市内への入口はノルド(北)、シーナ、チェルトーザ、スード(南)の4箇所のジャンクション。
今回はチェルトーザ(Certosa)で降り、セネーゼ通りを直進。
ローマ門を通り過ぎ、有名なアルノ川のカッライア橋を渡ると、
フィレンツェの中央駅、サンタ・マリア・ノヴェッラ駅前広場に到着する。
一方通行(Senso Unico)に注意して目指すホテルの駐車場に車を入れる。
車を利用すれば、駅から北東に15分ほど向かった丘の中腹にある知る人ぞ知る高級ホテル「ヴィラ サンミケーレ」を訪ねたい。
また、ヴィラから道を登ったフィエゾーレ(Fiesole)の街には、紀元前1世紀のローマ劇場、寺院、祭壇。
紀元1世紀のローマ道、ローマ風呂。
謎の民族エトルリア人の紀元前4世紀の寺院と祭壇。
紀元7世紀ロンゴバルド時代の死者の街ネクロポリス(Necropolis)、考古学博物館など興味深い古代遺跡を見ることができる。

ユーロスター利用時の注意

フィレンツェへ向かうのに、ユーロスターも利用できる。
サンタ・マリア・ノヴェッラ駅まで、ミラノから2時間45分、ヴェネッチアから2時間51分、ボローニャから1時間、ローマから1時間30分の距離。
ヨーロッパの駅は建物もすばらしく、旅の雰囲気を味わうにはおすすめ。
しかし、便利だが気をつけたいこともある。
切符を買うときや駅の休憩室、記念写真を撮るときなど手から荷物を離すと瞬時になくなることもしばしば。
手を離した瞬間にそれはお恵みと解釈されるので要注意。

フィレンツェの散歩

ヴェッキオ橋/クリックするとGoogleMapを表示します

  • ヴェッキオ橋
    昼間は銀製品、装飾品店が軒を連ねていますが、朝の静寂に包まれたヴェッキオ橋もまた違う表情を見せてくれます。
  • ブランカッチ礼拝堂
    前号で紹介した天才画家、マザッチョの絵画が見ることができます。
  • ローマ門
    全ての道はローマに通じるの言葉にあるように、地方の町からローマに向かう道の門はローマ門と呼ばれていた、とのこと。

川の傍のホテルに泊まったら朝の散歩が気持ちいい。
ヴェッキオ橋までの朝の散歩は、フィレンツェをいつまでも忘れさせない。散歩の合間にバール(カフェ)でひと休み。
カフェといえば普通エスプレッソを指すが、旅行者はカプチーノ(エスプレッソの上に泡状のミルクを載せたもの)の注文が多い。
ちなみにイタリア人は、ミルクが胃にもたれるので朝以外カプチーノは飲まない。
コルネット(クロワッサン風のパン)とジュースは、人参と林檎のミックスジュースを注文して夕食のために軽く済ませる。


フィレンツェおすすめホテル

  • アドリアティコ
    雰囲気が明るく、ロビー、部屋もゆったり感満点です。
    駐車場も完備されています。
  • エクセルシオール
    フィレンツェの高級ホテルです。
  • ヴィラ サンミケーレ
    15世紀に建造された修道院をホテルにしたもの。
    アンティークな家具や調度品に飾られた内装の重厚さと洗練されたサービスが特徴。

イタリアのバール(カフェ)のタイプ

バールのタイプ 内容
リストランテ・バール 食事がメインのタイプ
エノテカ・バール ワインやお酒がメインのタイプ
カフェ・バール カフェメニュー中心のタイプ
ピッツェリア・バール パスタやピッツァがメインのタイプ
バニーノ・バール イタリアンサンドイッチを楽しむタイプ
バスティチェリア・バール デザート類メインのタイプ
ジェラテリア・バール ジェラートメインのタイプ

フィレンツェでステーキを食べる

レストラン・ダ・リノ地図/クリックするとGoogleMapを表示します

フィレンツェでの食事は ビステッカ・アッラ・フイオレンティーナという、巨大ステーキがおすすめ。
味付けは塩とレモン汁だが、日本から持って行った醤油味を加えると味も引き立つのでは。
フィレンツェのシンボル、ドゥオモブルネレスキーホテルの近くのレストラン、 ダ・リノ(Da Lino)は家族的雰囲気の小さな店だが、おいしいステーキを食べさせてくれた。
食に興味があればフィオレンティーニの胃袋を支えるサン・ロレンツオ教会の北にある中央市場(Mercato Centrale)に行ってみるのもよい。
サンタ・マリア・ノヴェッラ駅から400mほどで到着。



コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://euro.navi-club.jp/trackback/368423