JTB, HIS, KNT, NTR, 阪急交通 大手旅行会社のヨーロッパツアー情報、詳細比較、クチコミ情報。最新情報をネットから収集しています。


ヨーロッパ旅行情報|プロが集めたヨーロッパツアー比較情報




イタリア・ドロミテ山塊

 
Google Map

当ヨーロッパ旅行選科では、各ブログの写真をクリックするとGoogleMap を表示することができます。
世界遺産などもピンポイントで空から見ることが出来ます。
地図をクリックしてドラッグすれば、瞬時に、隣接領域に移動することができます。
また衛星写真や航空写真で表示することもできます。
[デュアル] モードでは、生の航空写真と主要道路地図を同時に表示できます。
空からの世界遺産の眺めをゆっくり楽しんでください。
もう気分はヨーロッパ旅行者です♪

Google
Web
euro.navi-club.jp
PROFILE
Add to Google
My Yahoo!に追加

 

イタリア旅行【ポルトヴェネーレ】(シニアのヨーロッパ旅行 No.25)

イタリアのおだやかな港町
世界遺産【ポルトヴェーネレ】


リヴィエラ海岸の世界遺産、チンクエテッレ(5つの村)の最南のリオマッジョーレを船で通過。
小さな半島を迂回して入り江に入ると、 ポルトヴェーネレ(ヴィーナスの港)という粋な名前の港町がある。
ポルトヴェーネレは中世の1119年から1290年のジェノヴァとピサの紛争時代、北のジェノヴァ側の砦が築かれた歴史をもつ港町。
今ではポルトヴェーネレの街自体の観光と、チンクエテッレの出入口となっている。
ポルトヴェーネレと、港のすぐ沖合いから順番に3つ並んだ小島、
パルマリア島(Palmaria)、ティーノ島(Tino)、ティネット島(Thinetto)をあわせて世界遺産に指定されている。
イタリア旅行も、ローマやルネッサンスの歴史、文化、ヴェネチアの喧騒からひと時離れて、美しい地方の港街の散策で現地の生活に触れてみたい。

◆ポルトヴェーネレへの交通手段

道路はリオマッジョーレから峠を越えて、イタリアの軍港
ラ スペッチア(La Spezia)に下り、そこから岬の先端ポルトヴェーネレに向かう。
フィレンツェからは列車(IC)で約2時間でラ・スペッチア到着、そこからバスで40〜50分、車で20分程で岬の先端ポルトヴェーネレに着く。




ポルトヴェーネレを散策する


1160年に造られたポルトヴェーネレ街の門を入り、12世紀からの街並みがあるジョヴァンニ・カペリーニ通り(Carrugio)の細い坂道を、岬に向かって20分ほどぶらぶらと歩く。
家の隣同士はピッタリと寄せ合っているのは防衛のため。
ポルトヴェーネレの街全体が要塞の目的で作られたとも思える。
家並みが終わり、岬の突端まで続く古代の道を上ると、6世紀ごろ建設され、1256〜57年にドロミテ渓谷の石灰岩ドロマイトを使って再建されたサン・ピエトロ教会と、その脇のビザンチン時代の小さな城にたどりつく。
ブロンズに銀の細工を施した教会の正門は1992年、彫刻家 レッロ・スコルツエリによって製作された。
教会から眺めるリグニアの海は、日本の岬のはずれの灯台から眺める海とは違った味わいがある。
ポルトヴェーネレ/クリックするとGoogleMapを表示します

ポルトヴェーネレの街並み



食事と買物 漁船、遊覧船、個人のボートが浮かぶ小さな港にはカラフルな家とレストランやバール(カフェ)が並んでいる。
中世の門の前にある トラットリア・トレ・トッリ(Trattoria Tre Torri:3つの塔)は綺麗で料理もおいしい。
パルマリア島のビーチ ポルトヴェーネレから、フェリーや海上タクシーで行くことができる。
ティーノ島は現在、軍事地域で9月13日のSan Venerioの祝日のみ入島可。
ティネット島には6世紀の修道院があるが、軍事地域で上陸できない。
ポルトヴェーネレのホテルに泊まり、チンクエテッレを見て、世界遺産パルマリア島のビーチで泳いでひと時を過ごすのも、思い出になるのでは。



ポルトヴェーネレ/クリックするとGoogleMapを表示します

1500年再建のアンドリア・ドーリア要塞

夏の期間だけ11時からオープン。
丘の中腹にある1130年に建てられたサン・ロレンツォ教会はポルトヴェーネレの見所。
教会には彫刻家 ミーノ・ダ・フィエゾーレによる白の聖母子が彫られた祭壇がある。
毎年8月17日に行われる、街と船乗りを守護するマドンナの祭りは、1年の中で最大のイベント。
ポルトヴェーネレ市街から岬のサン・ピエトロ教会まで続くトーチライトが印象的。

ポルトヴェーネレからの帰り道


ポルトヴェーネレからフィレンツェに列車で戻る途中ヴィアレッジョで下車。
バスでトッレ・デルラゴ(Torre del Lago)と呼ばれる湖へ行くと、ほとりに作曲家 ジャコモ・プッチーニの別荘(Villa Pucchini) を見学できる。
マダム・バタフライ、トスカ、ラ・ボエムなど有名なオペラはここで作曲された。
音楽ファンは是非訪れてみたい場所。
ラ・スペッチアから普通列車で約45分、フィレンツェから同じく1時間50分ほど。

コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://euro.navi-club.jp/trackback/376581