JTB, HIS, KNT, NTR, 阪急交通 大手旅行会社のヨーロッパツアー情報、詳細比較、クチコミ情報。最新情報をネットから収集しています。


ヨーロッパ旅行情報|プロが集めたヨーロッパツアー比較情報




イタリア・ドロミテ山塊

 
Google Map

当ヨーロッパ旅行選科では、各ブログの写真をクリックするとGoogleMap を表示することができます。
世界遺産などもピンポイントで空から見ることが出来ます。
地図をクリックしてドラッグすれば、瞬時に、隣接領域に移動することができます。
また衛星写真や航空写真で表示することもできます。
[デュアル] モードでは、生の航空写真と主要道路地図を同時に表示できます。
空からの世界遺産の眺めをゆっくり楽しんでください。
もう気分はヨーロッパ旅行者です♪

Google
Web
euro.navi-club.jp
PROFILE
Add to Google
My Yahoo!に追加

 

トム・クルーズの結婚式【ブラッチャーノ湖畔のオデスカルキ城】

トム・クルーズの結婚式が行われた古城
【ブラッチャーノ湖畔のオデスカルキ城】


ブラッチャーノ地図/クリックするとGoogle Mapを表示します 11月17日(金)、映画俳優トム・クルーズの結婚式が、ローマ近郊の古城、オデスカルキ城(Castello Odescalchi)で行われるとのニュースが流れた。
来賓のハリウッドスター達が、ローマの レオナルド・ダ・ヴィンチ空港に続々到着する姿が映し出される。
翌日の18日に、ローマ近郊の ブラッチャーノ湖畔の高台にある オデスカルキ城で結婚式が執り行われ、現地の大きな話題になったとのこと。
このニュースを聞いて、ローマ滞在中、幾度も訪れたブラッチャーノ湖と周辺の景色の思い出が頭をよぎった。
当ブログは、スペイン旅行の最中だが、ほんの少し思い出に浸ってみるのも旅行の醍醐味である。

ローマからブラッチャーノ湖、オデスカルキ城へ車で行くには

ローマ市内からカッシア街道(Via Cassia)に入り、北上する。

途中分岐点でカッシア街道から、ブラッチャーノ街道に入る。

30分ほど走り最後の坂道を下るとブラッチャーノ湖が現れ、
湖畔の町アングッイラーラに着く。

そこから古城が遠く見えるので、湖を右に見て20分ほど走る。
途中の丘で、青く澄んだ湖の全貌を見ることができます。

20分ほどで、古城を見上げる湖畔に到着。
道を左に折れて坂道を登ると、ブラッチャーノの町が見える。
そこから石畳の道を少し登ると城の前の広場(駐車場)に出る。



ブラッチャーノ湖畔の古城、オデスカルキ城とは?

ブラッチャーノ地図/クリックするとGoogle Mapを表示します
オデスカルキ城の建築は15世紀中ごろ。
ローマの貴族 オルシーニ家によって建てられた。
広場前の入口から城に入り、台所・広間・居間・寝室や武具・絵画・彫刻などの陳列品を英語とイタリア語のガイドが解説してくれる。
城見学のハイライトは、城の屋上の城壁からみるブラッチャーノ湖の展望
いつもは、結婚式やパーティー、7月中旬にはクラシックコンサートなどのイベントが催され、賑わいを見せている。
オデスカルキ城見学の後は、ブラッチャーノの町を散策して、再び湖の眺めを楽しみながら湖畔に戻りレストランで昼食。
静かなひと時が気持ちいい(但し夏は海水浴で賑わう)。
レストランの桟橋には手漕ぎボートやスワンボートもあり、カップルは二人の時間をタップリ楽しめる。
ブラッチャーノ湖の周囲はおよそ31km
時計周りに車を走らせると、キャンプ場、小さな町トレヴィニャーノ・ロマノを経由して、アングイッラーラの町に戻ることができる。
ブラッチャーノの町までは地下鉄A線レパント駅からバス(Cotral社)でおよそ1時間、鉄道ではローマから1時間30分、昼間30分おきの列車で行く方法もある。

★ブラッチャーノ湖おすすめポイント

  • 6月下旬から7月上旬ごろは、カッシア街道から分岐点を過ぎてブラッチャーノ(Via Braccianese)街道をしばらく行ったあたりから続くひまわり畑が、なんともいえない美しさです。
  • 分岐点をブラッチャーノ(Via Braccianese)街道に曲がらず、300mほどいくと右に曲がる道がある。
    この奥には謎の民族エトルリア人の神殿跡、病院跡の
    Veio(ヴェイオ)の遺跡があります。
  • 環境規制が敷かれているので、ブラッチャーノ湖にはうるさい音楽もモーターボートも走っていません。
ブラッチャーノ地図/クリックするとGoogle Mapを表示します



コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://euro.navi-club.jp/trackback/405840