JTB, HIS, KNT, NTR, 阪急交通 大手旅行会社のヨーロッパツアー情報、詳細比較、クチコミ情報。最新情報をネットから収集しています。


ヨーロッパ旅行情報|プロが集めたヨーロッパツアー比較情報




イタリア・ドロミテ山塊

 
Google Map

当ヨーロッパ旅行選科では、各ブログの写真をクリックするとGoogleMap を表示することができます。
世界遺産などもピンポイントで空から見ることが出来ます。
地図をクリックしてドラッグすれば、瞬時に、隣接領域に移動することができます。
また衛星写真や航空写真で表示することもできます。
[デュアル] モードでは、生の航空写真と主要道路地図を同時に表示できます。
空からの世界遺産の眺めをゆっくり楽しんでください。
もう気分はヨーロッパ旅行者です♪

Google
Web
euro.navi-club.jp
PROFILE
Add to Google
My Yahoo!に追加

 

イタリア歴史散策(7) ポンペイ遺跡

2千年を超えて蘇った古代都市ポンペイ

ポンペイの歴史は紀元前8世紀に遡る。
イタリア先住民のオスク人が、サルノ川河口近く、海抜40mの溶岩台地の上に誕生した時に始まったといわれ、その後、エトルリア、ギリシャ、サムニウム、ローマと支配が移っていった。
美しい円錐火山ヴェスビオの麓にはぶどう畑が広がり、魚、塩,羊毛などの産物が港を出入りしていた。 こののどかな生活を破壊した最初の大惨事が起こったのが紀元62年の大地震、そして町が大地震からの再建を進めていた紀元79年8月24日に2回目の決定的な出来事が起こった。

死火山と考えられていたヴェスビオ山が突然大噴火して、3日間におよぶ惨劇の末、麓のエルコラーノ、ポンペイ、スタビアなどの町々は溶岩と火山灰に埋もれ、毒ガスにより多くの人命が奪われた。
ポンペイは忘れられた町として火山灰の下に埋もれていたままだったが、2000年の時空を超えて現代に蘇った奇跡の古代都市だ。

ポンペイ遺跡を学ぶー古代都市遺跡の集大成

遺跡めぐり大好きシニアは、旅行会社主催ガイド付オプショナルツアーよりも、ローマから列車を利用し、 ガイドブックを持ち、学びながら遺跡を歩くことを薦めたい。
ポンペイ遺跡は紀元前の信仰、生活の様子が集大成された貴重な場所で、古代都市の姿を学ぶには格好の場所ともいえる。
ローマからナポリまではユーロスターで2時間弱、インターシティーで2時間強の距離。ナポリからはヴェスビオ周遊鉄道ソレント行きを利用するのが便利。
およそ30分毎で、40分ほどでポンペイ遺跡前のヴィッラ・ミステリ駅に到着する。風景もナポリを過ぎるとブーゲンビリアの花などが咲き、突然南国の雰囲気になる。
ナポリ湾を、右に見ると後方にはナポリとサンタルチア港が、前方にはソレント半島とカプリ島も見える。ヴェスビオ火山は進行左手、噴火で頂上が吹き飛んだ山は、見る角度により一つと2つの山の姿に変わっていく。

誰でも知っている「フニクリ・フニクラ」は、ヴェスビオ山登山鉄道のコマーシャルソングとして作られた。

現地イタリア人ガイドと歩くポンペイ遺跡の2時間コース

ポンペイ遺跡のチケット売場

ポンペイには6つの門があるが、遺跡には海の門から入る。11月〜3月は最終入場時間が早く午後3時30分となって いる。
また夏の遺跡めぐりは炎天下になるので,帽子と飲料水が欠かせない。ポンペイを学ぶためには、土産店で売っている復元図付ガイドブック(12ユーロほど)が欠かせない。

海の門

海の門から続く海の道はフォーロまで150mほどの直線道路。 今の海岸線は1kmほど離れているが、当時は海に近くポンペイに運ばれてくる商品はここを通って町に運ばれた。
門の前に立つと、2つのアーチ型の門が見える。左は歩行者用、右は荷馬車用、また門の左には商品を置く倉庫があったようだ。
夕方になると門が閉められるので、締め出されて外の宿屋に泊まった人も沢山いたようだ。
やや急な古代の石畳を歩いて、荷馬車用の海の門に向かう。門をくぐると2000年を超えて蘇った古代遺跡の世界が徐々に開けてくる。

ポンペイ遺跡の石畳

坂道を200mほど歩くと遺跡のある台地に到着する。今歩いてきた荷馬車用の石畳の表面には、荷馬車が通った 轍がはっきりと見え、ポンペイの活気ある経済活動が伺える。
石畳のところどころには、両側の歩道を結ぶ置石が 荷馬車が隙間を通れる間隔で置いてある。雨などで水が出たときなど、ここで反対側の歩道に渡ったらしい。

バシリカ

坂道を登った右側にある遺跡。縦55m横24mの広さで紀元前120年ごろのもので、人々の集う場所でもあった が、司法の場としても使われていたとのこと。
遺跡の中庭にある円柱の礎石の上には、建物を支えるコリント式の 円柱が林立し、奥の5本の柱がある場所の2階には法廷があった。
今は砂地となっているバシリカの床面に立って、 当時の屋根付の壮大な建物を思い描いてみたい。

アポロ神殿

海の道を登って右側がバシリカ、左側にはアポロ神殿跡がある。海の道側の入口から入ると、2本の円柱と 神殿があった基壇が目に入る。
ポンペイのアポロ信仰は古く、紀元前6世紀にさかのぼると考えられている。
復元図によれば、正面は6本のコリント式円柱が、全体で48本の円柱に支えられた建物だったようだ。
遺跡を去る前に、基壇左にある日時計、中庭にある大理石の供物台、入口右側のアポロと左側のディアナの ブロンズ像(複製)も見逃せない。

フォーロ

アポロ神殿から出てすぐに海の道の終点フォーロ広場に出る。
遺跡全体では西側の場所で南北に向いた 142mX38mの長方形でポンペイの宗教,生活の中心となっていた所。広場に出たら左手を眺めると、 ポンペイの町を襲ったヴェスビオ火山の勇姿が望める。
この場所は、ヴェスビオ山全体と遺跡が同時に写せる ポイントだが、またポンペイの悲劇に思いをめぐらすことができる場所でもある。
山に向かって広場に立つと、正面には紀元前2世紀ごろの建造とされる6本の柱が残るジュピター神殿跡が 目に入る。
神殿両脇には凱旋門が、フォーロの周りには、2階建ての柱廊だった柱跡が、フォーロの左手7つの 台座には名誉を受けた人の像,その南には演説壇が、右手奥には行政機関の建物跡がある。
お勧めコースは広場の左手を北の凱旋門に向かって歩く。商品取引で使われた大きさの違う穴のある大理石の 計量台は生活が滲み出て面白い。
その先の当時穀物庫だった場所は発掘物の保管場所となっている。 特に、苦しそうに鼻と口を抑えた火山の噴火による犠牲者たちの石膏像は見逃さないこと。

ポンペイ遺跡を巡るお勧めツアーガイド


コメント
コメントする